読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

それでも私は歌いつづけた

アルゼンチンを代表する女性歌手メルセデス・ソーサ(1935-2009)のCD「それでも私は歌いつづけたー検閲歌と未収録曲集」

Y Segui Cantando: Canciones Censuradas E Ineditas

Y Segui Cantando: Canciones Censuradas E Ineditas

 

1977-1980年のあいだにアルゼンチンで発売されたLPから検閲にあい削除されたものと、1969年から77年のあいだにシングル、EPなどの形で発表され、LPに収録されなかった曲の15曲を収録したCD。

軍政下(1976-83年)に禁止されていたアルゼンチンの作詞・作曲家による歌のほか、チリのビクトル・ハラ、ブラジルのミルトン・ナシメントとシコ・ブアルキ、キューバシルビオ・ロドリゲスの歌などが並ぶ。自分では作詞・作曲は行っていないひとだが、選んだ曲をみると彼女の歌うことへの姿勢は明確だ。

ソーサは1979年の2月に亡命し、1982年までアルゼンチン国内でコンサートを行うことはなかった。もともとアルゼンチンの農村でうまれたフォルクローレの歌手としてデビューしたひとだが、1982年以降はジャンルを問わない音楽家たちとの共演が目立って増えた印象がある。このCDにも国境やジャンルの垣根を飛び越えていく指向が反映されていると思う。

タイトルにある「それでも私は歌いつづけた」は、アルゼンチンの詩人マリア・エレナ・ウォルシュ作詞・作曲の「Como la cigarra(セミのように)」の一節。