8月15日

 8月になると、戦争の話があちこちから聞こえてくるのだけれど(1941.12.8-1945.8.15の日本が米国をはじめとする連合国軍と戦った太平洋戦争の話)、日本軍のメンタリティは脈々と受け継がれているような気がしてならない。学校とか会社とか。

 わりとリベラルな内容の記事で知られる某大新聞でも、社員旅行を「全舷」という軍隊用語で呼んでいる、なんて話も昔きいたっけ。

 で、以前にも引用したのだが、(”日本”国内で、住民も巻き込んで唯一地上戦が展開された)沖縄戦にこんなエピソードがあるそう。

 北部の山中にひそんでいた沖縄県出身従軍看護婦経験者の方の証言より。
 傷をうけた患者、看護婦の仲間に加わった軍曹が、「もうわれわれはたすからない。いっしょに死のう」といいだし、手榴弾の安全線をひきぬいて、鉄かぶとにたたきつけようとしたとき、(アルゼンチン生まれの二世の)仲村渠(なかんだかり)さんがとびおき、軍曹の手へしがみついて、「班長、そんなに死にたかったら、ひとりで、どこかへいって死んでください」と叫んだ(下記148ページより 大意)

「班長、そんなに死にたかったら、ひとりで、どこかへいって死んでください」

 結果としてこのグループの方たちは助かったようなのですが、この発言をなさった方は、日本人とはま反対?のメンタリティをもつアルゼンチンの個人主義のいい面を学んでこられたのだなと思います。私も、こんな場面に遭遇したら、大きな声で言えるようになりたいです(苦笑)

 

 

続・語りつぐ戦争体験2 沖縄県で戦った

続・語りつぐ戦争体験2 沖縄県で戦った

 

 最近は、戦争の余韻がまだ東京などの街角に残っていた時代のことに興味がでてきて、いろいろと読んでいます。女性や子どもたちはどうやって生き抜いてきたのか? また気が向いたらそんな話も。 

ゲバラの撮った世界

 

che-guevara.jp

この夏、恵比寿でゲバラの撮った写真の展覧会が開催されるそうだ。ゲバラとはチェ・ゲバラー本名はエルネスト・ゲバラフィデル・カストロと共にキューバ革命に参加したアルゼンチン人。ボリビアでゲリラ戦中にとらえられて殺害された男。という程度のことは、ゲバラの名前を知る人なら、知らない人はなかろう。

 

私は中二の夏に三好徹さんのゲバラ伝を読んで、ファンになった。その後、彼の故郷であるアルゼンチンを訪ねるようになったのもそれが原因のひとつだけれど、実は子どもを持ってからは、手放しでゲバラを賛美できなくなった。革命というのは、安易に賛美していいものではないーたくさんの血を流すものである場合はとくにーと考えるようになったからだ。

チェ・ゲバラ伝 増補版

 

とはいえ、当時のラテンアメリカと世界(いわゆる第三世界の)の人々にとっては、世界の見方を180度変えるほどのインパクトをもった出来事だったと思うし、多くの人たちに勇気を与えたことを思うと、暴力という直接的な手段に訴えたことを否定すべきとも単純に言い切れない気持ちもある。

 

彼の「不正への感受性」と「愛」こそが革命家にとって大事な資質だとする考え方や、自分の利益を求めるのではなく、自ら率先して行動するという生き方は、いまでも清新に感じるし、見習える部分だと思うのだ。

 

日本に来たときは、米国によって核爆弾が投下された広島を、当初の予定に入っていなかったにもかかわらず、勝手に訪れたというゲバラ。そんなゲバラがカメラのレンズを通して切り取った世界がどんなものか、とても興味深い展示だ。

なんのために生きる?

[http://:title]

ホンジュラスで現在進行形の市民の人権侵害に関するビデオ。 

昨年の3月に暗殺されたホンジュラス先住民族団体COPINHのリーダーだったベルタ・カセレスさんの死の真相はまだ明らかになっていない。実行犯と思われる人たちは逮捕されたのだが、裏で糸をひいていた人物は不明だ。

その背景にあるのが、ホンジュラスに横行する不処罰。その追求のために、米州機構に属する人権擁護のための機関MACCIHも設立され活動中であることを伝えている。

ベルタさんの暗殺の直接の原因となったのは、彼女たちの民族レンカの聖地に水力発電ダムの建設計画が持ち上がり、それに対してCOPINHの人たちが反対運動を繰り広げてきたという事情がある。

ホンジュラスは国土の65%が山地で、水力発電は「クリーンな再生エネルギー」として注目されている。よって世界銀行グループの金融機関や先進工業国の金融会社が融資を行っていたが、ベルタさんの殺害事件(それ以後にも活動家が殺されている)以降融資を引き揚げた会社もあることが、上記のビデオでも紹介されている。(英語字幕付き)

2015年ゴールドマン環境省授賞式のベルタさんは自信にあふれ、世界に目覚めよ、と呼びかけていたが、このビデオにはベルタさんの家族も登場する。それを見ると、彼女のDNAがどこからきて、どこへうけつがれていくのか、はっきりわかる。

宇野千代さんのことば

先日の講座にも来ておられたのだけれど、宇野千代さんの秘書を36年間つとめた藤江淳子さんが書かれていたこと。

(先生は)「自分を褒めてくれる人のそばに寄りなさい」と言われ続けていました。何でもケチをつけるような人からは、「すぐどきなさい」と。褒められると誰でも良い気持ちだから、もっと一所懸命になったり、工夫したりするでしょう。

宇野千代 女の一生』2006年 新潮社より

宇野千代 女の一生 (とんぼの本)

 

もう、ひざをばんばん叩きたくなってしまう(われながらオバ…)名言。

褒めてくれる人のそばによるのは難しいことではないけど、「すぐどく」のがけっこう難しいのだ。とくに自尊感情が低い場合。

自分自身も、人をのばせる人でありたいと自戒しつつ。

バラと本と

神奈川近代文学館で開催中の宇野千代展関連イベント、尾形明子さんの講演「しなやかな抵抗の人・宇野千代の文学」を聴いてきた。

宇野 千代 (女性作家評伝シリーズ 6)

おそらく上記の本に詳しく書いてあるのだろうと思うが、「生きていく私」などを通して自身が作り上げた宇野千代像と、初期の作品とのずれなど興味深いお話だった。

小説「おはん」や「色ざんげ」など、たくさんの作品を残した宇野千代だけれど、恋多き女、着物デザイナーや実業家としてのセルフイメージの演出にも成功したひとなのだなあと感じた。

 

展示については、原稿のほか、彼女が実際に使っていた信玄袋(かなり大きなものだった)、本人がデザインした米寿の祝いで身に着けた振袖と、100歳のお祝いのために用意していた振袖の実物が印象的だった。展示は7月17日まで。

みなとみらい線の駅のあるアメリカ山公園も、港の見える丘公園バラアジサイ、その他の花々でいっぱいで、頭も心もいやされた時間だった。

往復書簡 (講談社文芸文庫)

神奈川つながりで、宇野千代とも親交のあった中里恒子との往復書簡集。おすすめ。

川の向こう岸へ

映画『モーターサイクル・ダイアリーズ』のラストまぎわ、若き日のゲバラは、ハンセン病の患者たちと医師たちを隔てる橋のない川を泳いで渡る。ぜんそくもちの身体をおして。

橋のない川』は住井すゑの大河小説。明治時代の日本、関西地方のあるムラに生まれた男の子が、部落差別に反対する運動にかかわっていく様子を描いている。硬いテーマを扱った小説だけれども、そこは少女小説も書いてきた手練れの住井すゑさんのこと、読者の多くがメロドラマ的な要素につられて超大作を読み通してしまう。

 

橋のない川〈1〉 (新潮文庫)

橋のない川〈1〉 (新潮文庫)

 

 

橋のない川にへだてられつつも、互いを思いあうふたりはいつ結ばれるんだろう…と。

先日、おさい書店というブック・フェアを見てきた。『結婚差別の社会学』を上梓された齋藤直子さんがセレクトした「女性の語り・部落問題・ラテンアメリカ」に関する本が並ぶ。どれも私にはどストライクのテーマなのでいそいそと拝見しに渋谷へ行った。「女たちの語りに耳を傾ける」8点、「部落問題と社会学」19冊、「少女漫画とマイノリテイ」2作品「ほっとするもの4冊」「ラテンアメリカ、私に新しい視点を与えてくれるもの」8冊、どれも興味深いものばかりだった。

 

結婚差別の社会学

結婚差別の社会学

 

 (まだ書影が掲載されてなくて残念。愛らしい刺繍の使われた表紙)

齋藤さんの本を読んで驚くのは、21世紀の今も結婚差別が存在しているということ。でも、本書によれば大阪府の調査では若い世代ほど、部落外の相手との結婚が増加しているとある。本書でも、結婚をのぞむカップルを支える人たちのインタビューなどを読むことができ、光を感じる。

もし、『橋のない川』の続編があったら…

[http://]

 

 

七回転んだら八回起き上ればいい

週末、学会というものに参加しておりました。日常業務に忙殺されて、研究などというものからは程遠いところにいるので、情けなくて足を運べないものですが、たまたま近場で開催されていたので。

なつかしい友人や先輩諸氏、先生方にお会いして思ったのです。

この30年近く、何度も挫折をくりかえし、そのたびにうずくまって立ち止まり、そんな弱い自分を責めるループに陥ってきたけれど、何度転んでも最後には起き上がればいいのだ、ということ。起き上がれなくなるのは、たぶん息が止まるとき。というわけで2017年下半期のテーマは「不死身」に決めました(笑)