こころ乙女のままで…

これは田辺聖子さんのことば。雑誌に掲載されていたインタビューの1ページにおせいさんの筆による色紙の写真があり、クローバーの葉と共に「クローバーや こころ乙女のままでいて」とあった(と記憶している)。 6日に91歳で亡くなられたということで、しば…

濃い一か月

早くも6月。 週末は学会でした。日頃会えない人たちと、少しでもおしゃべりできてうれしかった。やはりおしゃべりが何よりの薬です。 それにしても5月は濃い月でした。 親のところへ通うという用事が増えたのも、授業が佳境に入ってくるということもあるので…

犬も歩けば棒にあたる

いろはがるたって奥深いですね。 今年になってから、ちょっと人に誘われて出かけた先で、目からうろこの発見があったり、感動するような出会いに事欠きません。 足下の草花もそのひとつ。これはキランソウという植物で、薬草としてもつかわれ、別名をジゴク…

今年の桜

今年の春は半世紀生きてきたことを記念して、各地に住む同級生を訪問しました。 茨城県の常総市、栃木県の宇都宮市、愛媛県の松山、神奈川県川崎市… みんなそれぞれに自分の地歩を確立してがんばっていました。彼女たちにすっかり励まされました。 旅をして…

映画『天から落ちてきた男』

1975年、アルゼンチン北部の田舎の村に、ある日突然ヘリコプターから男がひとり落ちてきます。村の人たちは誰だかわからない彼の遺体を葬り、聖人としてあがめます。 もちろん警察にも届けるのですが、身元はしれないまま。 2008年になり、ようやく身元の調…

ハナカイドウの下で

鎌倉・円覚寺へ行きました。目的はお墓詣り。 作家の中里恒子(1909-1987)さんのお墓です。ピンク色の花が一輪挿しでお供えされており、彼女のお人柄をしのばされました。 生きた人間のわがままさで、花盛りのハナカイドウの木の下、心の中で中里さんとお話…

クリスマスローズ、咲いた。

クリスマスローズという名前なのに、今頃咲きました。いろんな種類があるようですが、うちのはご覧のとおりくすんだベージュとグリーンのまざった微妙な色合いで、うつむいて咲いています。 昨夜、ちょっとした写真講習会に行ってきました。某カメラメーカー…