読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しんうちとうじょう

いよっ、待ってました。『闘争のアサンブレア』ついに刊行! 『まんが 反資本主義入門』より先に出る予定になっていたのに(笑)
でも、遅れたおかげでテーマがより身近になったかも。この本は2001年以降のアルゼンチンの社会運動に焦点を当てているのだけど、日本の(かつての)それとはすごくかけはなれたものに見えていたのに、いまじゃ… 日本でも、ホテルの自主操業とか、日比谷公園派遣村なんてケースが出てきたもの。

「水平で自律的なネットワーク」を作る、って言葉でいうのはかんたんでも、じっさいには難しいことだよね。学校でも家庭でも、いつもだれか「一番よく知っている人」「一番えらい人」の言う事をきいていればいいとすりこまれ続けてきて。アルゼンチンで「アサンブレア」という形が成立したのは、どうしてなんだろう。これから読ませていただきます。

【楽天ブックスならいつでも送料無料】闘争のアサンブレア [ 廣瀬純 ]  【楽天ブックスならいつでも送料無料】まんが反資本主義入門 [ エセキエル・アダモフスキ ]  [rakuten:book:11359571:image]