読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こおろぎおばあちゃん

雨を降らせるふしぎな歌の力をもつおばあちゃんの物語。(パラグアイボリビアに住む先住民族 ayoreo の神話に基づいているそうです)村の人たちにじゃけんにされたおばあちゃんは、街へ出て黒い服の男たちの誘いにのり舞台で歌を歌うことになります。そして… テーマは水資源の独占。インディメディア・サンチアゴの情報によれば、デンマークボリビア人の作家たちによるワークショップ形式で作られました。お話のなかで何度か歌われる"Chillchi Parita"は作曲・歌ともLuzmila Carpio(ルスミラ・カルピオ)。現在ボリビア大使としてフランスに赴任中だということです。